アヤナスを使う前に乾燥肌の原因を知る

乾燥肌の原因を考えてみる

乾燥というと、寒くなる季節の悩みのように思っている人が多いかと思いますが、1年を通して悩んでいる人もいます。皮膚は、皮脂膜や天然保湿因子、セラミドなどがバリアになり外部刺激や花粉などから肌を守っています。しかし、乾燥するとそのバリア機能が低下してしまいます。どうして、乾燥してしまうのか、どうすれば改善できるのでしょうか。

 

乾燥の原因ってなに?

皮脂は皮脂腺から1日に約1〜2g分泌されていますが、それは環境や体調などで変化します。女性は皮脂の分泌量のピークを20代に迎え、その後は減少していきます。また、代謝が低下すると皮脂の分泌量も減少します。皮脂量の低下は、乾燥の原因の1つと考えられますし、一番わかりやすい症状ですね。それから、天然保湿因子の低下も原因の1つです。天然保湿因子とは、アミノ酸、乳酸塩、尿素、その他ミネラル塩類、有機酸などからできています。水分を吸着して、角質層の弾力性や柔軟性を保つ働きがあります。この天然保湿因子によって、角質細胞内の水分量は一定に保たれているのです。お肌のターンオーバーが正常な場合は、細胞の生まれ変わりとともに作られますが、それが乱れると天然保湿因子も不足してしまいます。

 

保湿機能はなぜ低下してしまうのか

乾燥が気になったり、肌の調子がいまいちだったりすると、いろいろと手をかけますよね。ただそのスキンケアが間違っていると、当然ながらお肌にとっては大きな負担となります。特に、肌をこすってしまう行為はバリア機能を低下させ、乾燥肌の原因となってしまいます。

 

気付かないうちにゴシゴシしていませんか

ゴシゴシ

  • 洗顔やクレンジングの時に強くこすってしまう
  • 化粧水を塗ったあとに強くパッティングしている
  • クリームをなじませる時に指で塗りこんでいる
  • ファンデーションを塗りこんでいる
  • ふき取りクレンジングやふき取り化粧水を頻繁に使っている

 

どうでしょうか。何気なく、擦っていませんか?こすることによる刺激は、肌の保湿機能を低下させるだけでなく、シミの原因にもなるといわれています。スキンケアを行う時は、とにかく優しくを心がけましょう。

 

混合肌の人も多くいます

混合肌というのは、皮脂の分泌量が多く、水分量は少ない肌のことで、オイリードライ肌といわれています。額や鼻などのTゾーンは皮脂が多く、頬やフェイスラインなどは乾燥してしまうのです。日本人のほとんどの方が混合肌というくらい、多いようです。混合肌は、Tゾーンは皮脂の分泌が多いのでしっかり洗顔したくなりますが、実は水分が不足しているので、お肌は水分を逃がさないように、余計に皮脂を分泌してしまいます。そのせいで、テカテカして化粧崩れしてしまいます。保湿する時には、Tゾーンは化粧水で水分をしっかり、油分を控えめに。Uゾーンはとにかく洗顔後の保湿をしっかり、油分も補うようにしましょう。